どんぐりころころ小学校

アクセスカウンタ

zoom RSS 筆算も漢字も一球入魂

<<   作成日時 : 2007/05/09 23:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

ただいま筆算のくり上がりの練習中です。
まずはタイルを並べよう。

画像


一のくらいから計算するよ。7+8は…と。

画像


15! でも残念。ここには10こ以上は入りません。
だから、「十のくらいにお引越し」!

画像


15をバラバラに書くよ。ジュー!

画像


ゴ! あとは十のくらいの計算だ。

画像


上から順に合わせていくと、1本たす3本…たす2本…

画像


OK!

画像


実は水道方式で「ここでは1の棒にします」とやったのですが、15を1と5に分けて書くほうが子どもたちには分かりやすかったようです。
「正しさ」よりも「わかりやすさ」を優先しました。難しいなぁ…


もう一点。
クラスの”マイペースなおぼっちゃま”ですが、今日やった八問中二問しかしませんでした。「できませんでした」ではなく「しませんでした」。
T.T.の先生は「休み時間使わせてでもさせないと」とおっしゃいましたが、私は気持ちが分かる気もしました。だってつまらないもの。

明日は「二問だけしかしません。そのかわり全力でやってみよう」とでも言って、残りの時間は良質の文章問題でもさせますかね。


(余談)
どんぐり倶楽部の掲示板で「字を丁寧に書く」が話題になってました。
以前も書きましたが、塗り絵筆順表とお手本練習帳の効果はバッチリです。保証します。
「一球入魂」で書いた字はどの子も一生懸命な字です。本当に違うんです。
翌日のお手本練習帳も実に書きやすそうに書いています。いい加減に書く子はたいていが速い子なので、すぐに気づいて指導することができます(枠からはみ出ていたり)。

一方、多量に書かせることは、それだけ「乱雑な字」を書く経験を増やし、結果として汚い字を書く子を増やすことになるような気がしています。百マス反対理由の一つです。
あとは、あれが普段のノートでできるようになれば…なのですが^^;

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして どんぐり倶楽部の紹介を見てきました。小学2の子供がいます。国語も同じ教科書で親近感をもってとても興味深く読ませていただいてます。
算数も3日前あたりから繰り上がりのある筆算の練習をしています。それで疑問があるのですが・・・繰り上がりの「1」の書き方についてです。今は練習の為か朱色の鉛筆で「1」と書きますが、それを「小さく書きなさい」と言われているようです。教科書の説明部分では他の数字と一緒の大きさのようです。
何故気にするかと言うと、子供が繰り上がりを忘れる事が多いのです。大きく1問だけ、マスの大きいノートにさせると間違えないので明らかに見落としです。
この「1」の大きさって言うのは、何か指導要領とかで決まっているものなんですか?
自分の担任の先生に聞けばいい事なんですけど、一般的にどうなのかな?と思いまして・・・
しずく
2007/05/10 22:14
しずくさんこんにちは。
結論から言うと、全く決まっておりません。
1の場所も筆算の上に書かれる方、答えの場所に書かれる方、書かせない方、いろいろです。

私は間違いがなければどこでもよいと思っていますが、教科書通り筆算の上に大きく書かせています。
大きく書かせてよいのでは? 先生に言われても「間違うので」ですむ話だと思います。

ちなみに筆算の得意な子は1を書きませんが、「忘れるから書いた方がいいよ」とだけ言っています。
去年は「塾では塾のやり方。学校では学校でのやり方をしよう」なんて言ってましたが^^;
ジャック@管理人
2007/05/11 07:30
こんばんは
初めてお邪魔したのに、質問にも早速答えて頂きましてありがとうございます。
正直「全く決まってない」というのは驚きですが・・・よく考えるとそんな程度のものかという気もしてきました。
割と大雑把な先生なので、例え1が大きくなってても気にされないような感じもしますが(笑)、いつまでも見落としが多いようならお伝えしてみようかと思います。

娘を見ていても、やはり筆算の練習は少量が良いような気がしています。
筆算を数多くすると数量感覚が鈍る感じがするんですよ。どうも、上下の一桁ずつの足し算にばかり気をとられて十の位であるとかは途中忘れて計算してます。
”マイペースなおぼっちゃま”ぐらいが実は丁度いいかなぁ〜と思ったり。
それにしても、どんぐり方式で勉強されてるお子さん達がうらやましい限りです。

お返事頂いてありがとうございました!




しずく
2007/05/11 23:49
>筆算を数多くすると数量感覚が鈍る感じがする

興味深い指摘です。
要は数のイメージが薄れ、数字いじりになっていくんですよね。
一桁の計算を延々繰り返すのは疲れるし何より面白くないでしょうね。
ジャック@管理人
2007/05/12 21:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
筆算も漢字も一球入魂 どんぐりころころ小学校/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる