どんぐりころころ小学校

アクセスカウンタ

zoom RSS クラスをまとめたいけど考える力もつけてほしい

<<   作成日時 : 2007/05/12 10:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

GW明けの一週間、本当にきつかったです。
子ども同士の揉め事がちょくちょく出てきたり、クラス自体が解放的になってるもので、まとめるのに一苦労でした。
「こりゃちょっとおさえにゃならんな」と思ったので、法則化運動にありそうな一斉指示を多用しました。

「スヌーピーのノートを出しなさい」
「下敷き、日付、赤線(ノートの真ん中に引く)」
「枠の外にP12。1の下にBを書きなさい」
「その下に(1)」
「一字あけ。筆算58+16。定規で線」

のような、短くて分かりやすいけど機械的な指示ですね。

国語でも「花が枯れた後何ができてきますか。ノートに書きなさい」のようなあまり面白みのない手法もあえて取りました(挙手制だと考えない子もでますので)。ワークシートだと、こんな感じになります。

効率的です。
しかしこれで、私が育てたい「考える子」になるのかな、という不安もあるのです。



おとといの図工でロボットを作ったのですが、昨日持って帰ろうとすると、ロボットの手がとれてしまった子がいました。
その子がバラバラになった材料を見せて「これ、どうするの?」と聞いてきたとき、私は軽くショックを受けました。

敬語うんぬんではなく、「まるで他人事だな」と感じたのです。
「手をくっつけたいんけど、どうやったらくっつくの?」と言うのなら、それは質問だと思います。でも、「これ、どうするの?」だと判断を私にゆだねていることになります(本人はそこまで考えていないでしょうが)。

「指示待ち」という言葉が頭に浮かびました。
彼はいつでも言われた通りにやってきたんだろう。
私が「仕方がない。手の部分は捨てておきな」と言えばその通りにするだろうと思いました。

私の指示が多ければ多いほど、細かければ細かいほど、子どもたちは「指示待ち」になるのではないか。
そんなことを考えました。

私が「教室のセロテープで直してみて、それでもダメだったら持って帰って家で直しな」と言うと「分かった」と言って去っていきました。
下校時間だったので急いでいたこともありますが、ここで「どうすればいいと思う?」と問い返すべきだったな、と後で思いました。

勉強でなくてもいいから、自分の頭で考えさせる機会を作っていくことが大切ですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。どんぐり倶楽部HPを見てこちらへやってきました。
我が家にも小2のムスメがおり、担任の先生も新卒2年目の女性(持ち上がり)ということで大変親近感があります(国語の教科書も光村ですし)。
今回の「指示待ち」ですが、我がムスメにもその兆候があるなぁ、と感じました。今まではさほど気にしてはいなかったのですが、先生のおっしゃることでなるほどなと思いました。絵を描くにしても「何書く?」、折り紙を折るにしても「何折る?」、外食するにしても「妹はなに食べたいって言ってる?」、、と自分の考えをなかなか発しようとしません。ひょっとして重症かも^^
一度スイッチが入ると自分の世界を作り上げて、他人に「何する?」とは決して聞いてこないのですが、最初のとっかかりが難しいようです。
これを機会に、ムスメへの声掛けを慎重にしたいと思います。
考え直すキッカケを作ってくださり、ありがとうございます。
これからの更新も楽しみにしています。
るか
2007/05/14 13:10
るかさん、こんばんは。
初任で1年生とは担任の先生も大変だったでしょうね。
どんぐりへの理解はどうですか?

さて、小学校低学年なのですから、すべてを自分で決められないのは当然です。でも、せめて「どうしたい?」という感情の部分はオリジナルであって欲しいですね。こちらも「誰も叱りはしないから自由にやんな」という度量が求められます。

本当に怖いのは

>「本当だから」「先生が言ったから」「決まりだから」「友達がしているから」「良いことだから」「本に書いてあるから」「言われたから」などという一見尤もらしい、通常では正しいとされている(褒められたりする)ことを自分自身の正常な感情のフィルターを通さずに(正しい感情の吟味をせずに)行動基準として使ってしまうということ
http://homepage.mac.com/donguriclub/ijimenokouzou.html

ですね。
子どもが感情を出すのを、ビビらせてはいけませんね。
「おー、そうかそうか。なるほどなぁ」と受け入れてあげなければね。
ジャック@管理人
2007/05/14 21:15
そうでした。相手は小学2年生でした。。
日常すごしていると、つい自分と同等に考えてしまいます。
私自身、懐を大きくすべきですね(汗

ちなみに、担任の先生はとても勉強家で、この1年でめざましい成長を遂げています。昨年夏ごろは学級崩壊寸前でしたが、この春にはすっかり持ち直し、今ではよくまとまった素敵なクラスになっています。
どんぐり倶楽部のこともそれとなく伝えてあり、多少は理解いただいています。毎週末に出される「絵日記」の宿題の代わりにどんぐり問題を提出して、見ていただくこともあります。
るか
2007/05/14 23:41
努力家な先生なのですね。私も負けてられない!
宿題に融通がきけばどんぐりもやりやすいですね。
ジャック@管理人
2007/05/15 22:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
クラスをまとめたいけど考える力もつけてほしい どんぐりころころ小学校/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる