どんぐりころころ小学校

アクセスカウンタ

zoom RSS 子どもを勉強嫌いにするテスト

<<   作成日時 : 2007/05/23 01:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日、算数の到達度検査がありました。
4・50分ぶっ通しのテストなので、子どもたちは疲労困憊でした。

大人にとっては「去年までの学習の理解度を確認し、今後の指導に生かす」ためです。
しかし子どもたちにとっては、ただの「なんか知らんけど問題量が多くて面倒で疲れるテスト」でしょう。

早い子はやることがなくて、25分ほど机でぐったり。
遅い子は途中でやる気を失って「こんなんどうでもいいわ」という感じ。
「子どもたちにすまないなぁ」と思いました。

データを取る必要性は認めますが、今の小2の発達段階でここまで長時間のテストでなくてもよいのでは、と思います。
また内容も、10未満の数の分解やらずらっと並んだ算数カードの問題、「数えることは好きですか」「たし算でとくのはどの問題ですか」といった、無駄が多いもの、つまらないものが多かったです。

「この子の、今まで分かってなかった弱点が分かりました!」なんてことはなさそうです(間違う子のほとんどは、問題文を自分で勝手に解釈してるだけ)。

以前、学力テストの話題を糸山先生にふったことがありますが、「データが子どもたちに反映できなければ無意味」「やりっぱなしはダメ」と返されて、全くその通りだと思いました。

さて、どうしたものかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
子どもを勉強嫌いにするテスト どんぐりころころ小学校/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる