どんぐりころころ小学校

アクセスカウンタ

zoom RSS 二学期第一週 (国語)

<<   作成日時 : 2007/09/09 20:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

暑さや運動会の練習で大変な一週間でしたが、子どもたちは夏休みに十分遊んだのか、意外と落ち着いており、非常に授業がしやすかった印象です。


国語は「おおきくなあれ」という詩でした。

まず、「どんなイメージを持たせたいかな」と考えました。
果実に優しく雨が当たって果物が熟していく(よう願う)、イメージです。

発問100問のような手法もありだとは思いますが、私はむしろ詩そのものを味わって読んで欲しいと思いました。

そこでまず、「雨が○○ふっている」という文を考えられるだけ作ってもらいました。
「パラパラ」「ぽつぽつ」「ザーザー」「ドシャーっと」などいろいろ出てきましたので、「じゃあこの詩の雨はどれになるかな」と発問。
そこでどんな雨かについてのイメージを持たせました。

次に、「ぷるんぷるんちゅるん」に代わる擬音語(擬態語という人もいると思いますが、この場合線引きに意味はないと思います)を考えて読ませました。

「ぷちゅん ぷちゅん ぴしゃん」
「ぱちゃっ ぱちゃっ ぴちゃん」


などなど、いろいろ可愛い言葉が出てきました。
不思議とみんな、リズムを意識して作っていましたね。
中には「ドシャー ブチッ ボトッ」とかふざけて見せる子もいましたが、「それ、つぶつぶか?」のように、軽く諭して進めました。
(これを児童が「それは違うよ。だって…」と説明させればよいのですが、ちょっと時間が足りなかったので教師が交通整理しました)



(※そう言えば、私自身が小学生の時に読んだ「おじさんとかさ」には、「ぽんぽろろん」「ぴっちゃんちゃん」という言葉が繰り返し使われていて、それを楽しんで読んでいた記憶があります。あれもきっと小雨でしたね)


それから果実です。

「果実に雨のつぶつぶが入るってどんなかんじ?」 ⇒ 水気が増える
「果物が重いってどういうこと?」 ⇒ 中身が詰まってる

のようなイメージを確認した後、自分で果物と「○○なれ」のところを考えて、オリジナルの詩をノートに書かせました。
「○○なれ」のところがうまく出てこない子には、「おいしいももって、どんなのかな」のように助言していきました。


みかん、いちじく、マンゴー、もも、なし、パイナップル、スイカ…

オレンジ色になれ、みずみずしくなれ、あまくなれ、やわらかくなれ、太くなれ、大きくなれ、おいしくなれ、ピンクになれ、まっかっかになれ…


四季や熟度のことを厳密に考えていけば、おかしいところもあったと思いますが、「楽しく読めたらそれでいいんじゃないかな」と思い、ゆったり進めていきました。
(細かいことを言い出せばキリがありません。リンゴは真っ赤な種類もほんのり赤い種類もあるだろうし、すっぱいブドウが好きな子がいてもいいと思いますしね)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
二学期第一週 (国語) どんぐりころころ小学校/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる