どんぐりころころ小学校

アクセスカウンタ

zoom RSS お絵かき算数は小学校では使えない?

<<   作成日時 : 2007/09/11 21:48   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

どんぐりをどう学校に導入するか。
このブログの最大のテーマだったわけですが、最近少し分かってきました。

要はどんぐりの教材を学校に持ち込むのではなくて、学校の教材をどんぐり視点で捉えなおす、ということです。
私の場合、前者にこだわった結果が一年目の「高速大量文章題」という失敗でした。
その反省を生かした結果が「余った時間で文章題」でした。

その、一歩先。
教科書の問題を作り変えて、絵図を描かせればいいのです。

画像


数字だけいただきました。
お薬みたいなラムネのお菓子があったと思うのですが、子ども達が知らなかったので、普通のラムネのお菓子にします。

画像


ラムネの入れ物って緑だったっけ? それにしてもやせっぽちのお父さんだこと。

画像


なんかここ、4個足りない感じがするから4個だけ先にもらうね。
あとからもう3個もらう。教科書が言ってるのはこういうこと。

画像


今度は食べるのか。食べたらラムネがなくなってしまうね。
ここで、外に出てる3個を先にバイバイします。
あとからもう6個バイバイします。ヘンテコな図だけど教科書はこんなやり方をしています。

画像


お次はこいつだ。
後ろの二つを先に足せば楽になる? でもそんなの関係ねぇ。
(本当に関係ない。同じ単元なのに…
やっぱり暗算を使えるときと使えないときを自分で判断させようという話らしい)

画像


大変だけど全部描いた。あとは丁寧に筆算だ。

画像


最後の問題。
これはちょっと難しいかも。

画像


がんばって描いたよ。白い花が黄色になっているような気もするが。
(実は問題を書いてから、黒板が白だらけになると気づいた^^;)

画像


29本とんでけー!


とまあこんな感じで一時間やるわけです。
もちろん、私が絵を板書するのは、みんなが絵を描き始めてからですよ。

「お絵かき算数は学校ではできない」なんてことはないと思います。
人数が多いとちょっと大変ですけどね。

絵図で考える習慣がつけばしめたものです。
ある子どもは「式だけの問題より、絵を描いてやる問題の方が分かりやすい」なんて言ってました。
(式は究極に抽象化されてるから、逆にイメージを持ちにくいのかもしれませんね)

え? じゃあテストの計算問題はどうするんだって?
筆算で丁寧に解けばいいんですよ(^^)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
先生の絵は下手な方がいいですよね〜♪
子供が「自分の絵のほうが素敵!」って思えるくらいに。
だ・か・ら・・・私が下手なのはわざとなんですよ>生徒諸君。
先生頑張れ〜
2007/09/12 18:31
がんばりまーす
数が大きくなると絵を描くのも大変ですがとにもかくにも楽しんで欲しいものです。
ケチケチせずに、ノートは大きく使いましょう!
ジャック@管理人
2007/09/16 12:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
お絵かき算数は小学校では使えない? どんぐりころころ小学校/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる