どんぐりころころ小学校

アクセスカウンタ

zoom RSS 一年をふりかえって

<<   作成日時 : 2008/03/30 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

あっという間の一年でした。
この一年を振り返って、思ったことをつらつらと書いていきます。
あまり整理できていませんが。


1.「分からん帳」大活躍!

算数の学習内容が一通り終了した時点で、自作の復習プリントをさせました。
簡単な問題なので、間違った問題は即「分からん帳」行きです。

「別に直しはしなくていいから切って貼ること」

ある意味”直し”の方が楽だったでしょうが、私は分からん帳の方が有効だと思います。
「くそ〜」と思いながら貼る子は同じ間違いをしないでしょうし、直しをされてはもう一度復習する機会を失ってしまいます。
次回解く時は、「この問題をしたとき、どうして間違えてしまったのか」を考えながら解くことでしょう。

そうそう、年度末ということで漢字の25問テストと160問テストがあったのですが、漢字の間違いをこまめに分からん帳に貼らせて復習させた結果、点数がぐんと底上げされました。
分からん帳、地味だけどスグレモノです。

学級通信で「春休みに宿題はありませんが、分からん帳を使えば効率的に弱点だけを復習することができます」と書いておきました。


2. どんぐり文章題は1M半ばが平均

復習プリントはA4一枚(片面)だったので、残りの時間はどんぐり文章題です。
「全員分刷るか」は迷いましたが、年長だけにしておきました。
残りは給食台を広げて、50問ずつくらいに並べていき、自分たちの進捗度に合わせて取りにこさせました。

こちらは多少難しいのもありますので、一度や二度の間違いは許し、「どうしても無理!」となった場合のみ貼るように指示しました。

子どもの感想を訊くと、やはり通常の文章題よりは難しいと思っているようです。
ただ、友達が解けているのを見ると「私でもできるはず」とがんばって絵を描いてくるのでその子もじきに解けるようになります。

その結果、ラッキーマッキーの問題を除けば、だいたいの子が0Mはクリアしていました。
トップグループは2M半ば以上進みましたが、1M半ば前が平均でしたでしょうか。

ただなんというか、「甘え」のある子は難しいですね。
すぐに「先生、助けて」と頼る子。
「俺は別にできんでもいいもん」とふてくされる子。
問題を見てすぐにやる気を失ってしまう子。

糸山先生は「例外はありません」とおっしゃいますが、なかなかその域には到達できずにいます。
しかし、どんぐりの効果は間違いなく、子どもたちの算数の理解度は見違えるほどあがりました。

1.デンタ君 (センチ君、ひゃっくん、センちゃん…)
2.良質文章問題
3.分からん帳
4.これだけ算数 (数の分解・ビジュアル筆算・お宝算)
5.単位換算表 (キロキロと…)

これらのどんぐり教材がうまい具合に相乗効果を発揮した結果であると思います。
言い方のきつい上司からほんの少し、褒めてもらいましたよ^^

反省を含んだ教訓としては

「タイルは必要なかった」
「かけ算のイメージをもっと定着させたかった」
「国語でイメージを持たせて読みとる訓練をもっとしたかった」


というところですね。


3. 今一度、お宝算を考える

特にかけ算ですが、今にして思うと、お宝算の導入に無駄な言葉をたくさん使ったなぁ、と思っております。

一人でゲット × 人数 = みんなでゲット


と教えたわけですが、じゃあ車に乗る人数はどうなんだ、というところでどんぐり掲示板でも質問して、「車にとっては人間がお宝」と説明を受けたものの、自分の中で十分に納得できないまま説明してしまった気がします。

じゃあ今ならどう説明するか。
たとえば5×3だとします。

「この式の意味はね、車でも人でも皿でも

”1の時………5です。
だったら3の時はいくつですか?”


ということです(5、3、答えの部分を順に指差しながら)」

「たとえば、車だとします(絵を描く)
車が1の時……5です。何が? 乗れる人数とかね(人を描く)
じゃあ、車が3の時………乗れる人数は何人ですか?」

画像


◎割り算はもちろん逆。
5÷3の場合。


「この式の意味はね、車でも人でも皿でも

”3の時………5です。
じゃあ1の時はいくつですか?”


ということです」
(3、5、答えの部分を順に指差しながら)

「たとえば、車だとします(絵を描く)
車が3の時……5です。何が? 使うガソリンとかね(ガソリン5Lを描く)
じゃあ、車が1の時………使うガソリンは何リットルですか?」

画像

(まるでマラソンの給水ポイントですね。なかよく分けなさい^^;)

◎2/3÷1/6の場合。

「この式の意味はね、車でも人でも皿でも

”1/6の時………2/3です。じゃあ1の時はいくつですか?”

ということです」
(1/6、2/3、答えの部分を順に指差しながら)

「たとえば、車だとします(絵を描く)
バラバラになって車が1/6の時……2/3です。何が? 重さとかね(絵と2/3kgと描く)
じゃあ、車が1の時………重さは何キログラムですか?」

…きっとオモチャの車ですね(^^)

画像

(大きさがいびつになってしまいましたが)

(追記)
例えば「7/3÷6/11」だったら…


(1)6/11人のとき7/3のお宝をもらえる。1人のワケマエは?(等分除)

→ 6/11人を1人にするには「×11/6」。同時に7/3のお宝にも「×11/6」


(2)7/3のお宝を1人6/11ずつもっていくと何人もらえる?(包含除)

→要は『1人だとお宝は6/11。何人だとお宝は7/3になる?』ときいている。
→6/11のお宝を7/3にするためにはお宝を「×11/6」してさらに「×7/3」するしかない
→人間も「×11/6」してさらに「×7/3」するしかない


という2パターンのお宝算が想定されるわけですね。



(オマケ:個人的なこと1)
先日、「教務主任」兼「単学級の6年担任」という責任激重の先生に言われました。

「君は来年度は担任を外れ、高学年の少人数や入り込み担当になる。決定じゃないけどな。5・6年なら、どの科目やれる?」

私「算・図・体、といったところでしょうか」

「家庭や習字は?」

私「必要ならばやります」

「そうか。君は来年、家庭訪問や成績つけなど、時間外や持ち帰りの仕事が減る。そのかわり学校にいる間は多めに入ってもらう」

私「はい」

「僕は4月始まったらすぐに少人数に分ける。そうなった時、子どもは教師に格付けをしたがる。担任の言うことは聞くけれど、TTを軽く見ることもある」

私「なるほど」

「だから僕は子どもたちや保護者に君のことを『算数の専門家として、学力保障のために入ってもらう』と話す。しっかりやって欲しい」



ちょっとびっくり。そこまでお考えだったのか。
でもある意味これはチャンス。
早速5・6年生の教科書を借りてきたけど、単位換算表やお宝算など2年生でやってきたことや、通分の右バツバツなどのどんぐりコンテンツもたくさん使えそう。

担任外されたことは(実は)ショックだったけれど、いつか高学年の担任をもつときや、算数の授業研究に役立つことも多そうだ。



(オマケ:個人的なこと2)
異動になる先輩と飲んでいて、先輩がこう言われました。

「もう少し、周りの人に訊いてみてはどう?」

その前には校長に

「視野が狭いのが欠点。でも納得するまで考えるのはよいところでもある」

うーん…
私は「指示待ち世代」と言われることが好きではありません。

民間の時の経験から、自分なりに調べてやってみてからでないと、人に訊かないんですね。
特に教科指導ではどんぐりやTOSSや花丸をはじめ、ネットや本屋を駆使するわけですが。
そのせいで思わぬところで失敗をして迷惑をかけてしまうこともしばしば。

一方でPCはそれなりにできるからHPやったり要録の印刷やったりしていますが。
先輩に言わせると「やってもらって悪いなぁという気持ちがあるのに質問をしないから水臭く感じる。こちらにも”教えてあげたい”という気持ちがあるんだから」とのこと。

頭の中は酔っていましたが、「いい職場だなぁ。気を遣わせていたのなら申し訳なかったなぁ」と思いました。


学ぼう。
学ばせてもらおう。


そう思った三月の下旬でした。
更新が滞りっぱなしですが、来年度もよろしくお願いします。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
久々の更新、嬉しいです♪

http://plaza.rakuten.co.jp/hitotubunomugi/diary/200803140000/
私のブログの記事ですが、糸山先生のコメントに注目で〜す♪
畑野そらまめ
2008/04/12 09:29
コメントありがとうございます。
なかなか頭の中で記事がまとまらず,一度アップしてもその後何度も修正しているので申し訳ないです(お宝算についてはどんぐり掲示板が私の理解の最新版です)

>時計の針が重なる問題ありますよね。トップクラスの難しさですが、コレは、この基準変換の代表例で〜す。

我々はどうしても一分で1目盛り(短針だと1/12目盛り)と考えてしまいますね。
あ,今気づきました。どんぐり掲示板の先生の言葉は4時間を20目盛りで割ってたのか…

それと,ちょっと言いにくいのですが…
私の考えていたお宝算とは違うかもです。
画像をの6÷3の6を「1を基準とすると6こ分」とありますが,私はこれ,「3を基準とすると6。じゃあ1を基準とするといくつ?」と捉えているのです。
「3倍メガネだと6こ」「2/3倍メガネだと6こ」というように。
とびうお
2008/04/15 07:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
一年をふりかえって どんぐりころころ小学校/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる